ドローン利活用を通じて人と地域社会の発展に貢献する。

 
どこでドローンを学んだらいいか迷ったら
DRONEフライトオペレーターへ
安心の講習実績 修了者数4,800人以上!!
一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会

国土交通省認定 ドローンスクール 6.5万円 受講可能!

ドローンフライトオペレーターが選ばれる8つ理由

1.修了生4,800名を超える圧倒的な運営実績

2015年の協会発足以来、我々が講習会を開催し輩出した修了者の数は4,800名(2019年10月1日現在)その間、多くの自治体・官公庁・消防・警察・企業・そしてドローンを取り入れたいという方にドローンスクールを受講いただきました。

#1

 

2.コーチモードを採用した安心の講習体制

DRONEフライトオペレーター実技講習では万が一誤った操作によって機体が意図しない方向へ移動した場合でも、すぐにインストラクターが危険回避できるコーチモードでの運用方法を採用しています。インストラクターも隣で送信機を持って指導するこの方式によって初心者の方にも安全に安心して受講いただくことが可能です。

3.受講者に寄り添った受講料金設定

講習会の開始以来常に受講者目線を忘れず、一貫して受講者に寄り添った価格を提案し、講習会を開催させていただきました。
ドローンを学ぶことに迷われている方は、ぜひ他社のドローンスクール料金と比較していただきご検討ください。

4.DPCAが厳格に規定する検定試験を突破したインストラクターが指導

技術革新が進むドローン産業の中で、運用ノウハウを伝えるインストラクターの責務は重いと自負しています。その観点から3段階の厳格なインストラクター登用制度を設け、DPCA内で実施するインストラクター検定試験をクリアした人材を認定しています。

国土交通省認定 
操縦技能証明証の発行
DPCA(一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会)のDRONEフライトオペレーター講習の修了検定合格者には講習修了書と10時間以上の飛行履歴確認後、操縦技能証明証を発行致します。この証明証はドローン運用に関する国家資格がない日本国内において操縦者の技能を担保する役割を担っており、また、国土交通省より飛行許可を受ける際に必要な無人航空機の操縦知識や能力に関する確認項目を簡略化できます。
JDICグループの持つ
運用ノウハウと信頼
国土交通省 航空局 認定 管理団体・講習団体DPCAと共にドローンの最適な社会実装と産業成長・普及促進に寄与するJDICは自治体・官公庁と締結する災害時運用協定数は30、消防や警察をはじめとした、これまでにフライトオペレータードローン講習会を採用いただいた自治体・企業様は50団体以上。様々なつながりの中で培った信頼と実績をもとに、運用に必要なノウハウを余すことなくお伝えします。
dpca_logo_top_3.png

国土交通省 航空局 認定 管理団体・講習団体

DPCA(一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会)

〒601-8005

京都市南区東九条西岩本町10-2 イリアスオフィス2階

 

TEL: 075-606-6865

受付:土日祝日除く10時〜18時)

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

Copyright© DPCA All Rights Reserved.